てんかんによる交通事故を起こさないために

大阪でてんかんのうさぎを治療しよう

てんかんと病気の一種であり、発作や痙攣などが生じるものです。実はこの病気は、人間だけではなく、うさぎも発症することがあります。うさぎのてんかんの症状には様々なものがあり、なかなか気づきにくいこともありますが、異常を感じた際には必ず医師などに診てもらうようにしましょう。うさぎのてんかんの症状には、痙攣、ぼーっとしたり、ひたすら回転してしまう歩行自動、食事をしていないけれどそういった素振りをする食自動、かゆくないのに体をなめる発作や、よだれやなみだが突然出る症状、短時間意識を失う小発作、全身が筋硬直してしまう大発作などがあります。このてんかんが発症してしまう原因にも様々あり、EZやアライグマの回虫、腫瘍や遺伝、ビタミン不足なども考えられています。ほかにも、ストレスや気候などが直接の原因となって発作などを起こしてしまうこともあります。これらは、それぞれのうさぎによって原因などは異なるために、病院に行き、きちんとした検査をしてもらうことが重要です。関西周辺に住んでいる方であれば、大阪などの大きな病院や獣医に診てもらうことをおすすめします。てんかんは、場合によっては死に至ることもある病気です。薬などをきちんと飲んだり、投与することで治療することは可能なので、大阪などの様々な病院に行って相談してみるのも良いでしょう。また、病気に関しての知識がきちんとある病院に行くことも大切です。ペットと言えど、大切な家族の一員だと思い、生活している人がほとんどだと言えます。家族のためにも、大阪など様々な地域の病院の情報を得て、自分達や飼っているうさぎのためにも、一番適切な治療を施してくれる病院を選ぶことが重要です。