てんかんによる交通事故を起こさないために

てんかんの申告義務の重要性

てんかんをもっている人が中にはいますが、中には申告をしないで仕事をしていたりする人もいます。てんかんがある人は、突然意識を失ってしまったりすることがあるので、あらかじめ自分はてんかんがあるということを周りに知らせておく必要があります。もし、てんかんがあることを言わないでいると、周りは倒れた時に困ってしまうことになります。特に、仕事については、突然意識がなくなってしまうことにより、事故が起こったりすることがありますから、自分のためだけではなく、周りの安全性のためにも事前に申告しておくことが大事になってきます。中にはてんかんがあるということを周りに言いたくないと考える人もいるかもしれませんが、周りにいわないでいることの方がつらいこともあります。一度周りに理解してもらえば、隠れて薬を服用する必要もありませんし、特別てんかんだからといって変な目で見られるということはありません。特にてんかんの場合は薬を服用していれば、他の人と何も変わることがないですし、仕事も普通に行うことができます。周りに病気のことを理解してくれる人がいれば、安心して業務に専念することもできますし、いざいという時に適切に対処してもらうことができます。もし、仕事に従事する前に自分の病気のことを伝えるのであれば、医師の診断書が必要になってきます。医師の診断書を提示することによって、てんかんがあるという申告義務を果たしたということになりますから、診断書を準備をしておく必要があります。診断書の中には自分がどのような発作を起こす可能性があるのかということについて記載されているので、どのような点に注意すればよいのかということを周りの人も情報共有することができます。
▼こちらもチェック
テグレトール
▼てんかん発作に有効な成分です
カルバマゼピンを安価に入手する